髪を傷めずに白髪染めをしたい!でもいちいち美容院に行くのは面倒!という場合は自宅で簡単にできるヘナを

      2016/03/24

母ちゃんの髪は基本、剛毛です。太くて硬くで真っ黒なのです。

でも、歳を重ねるごとに、顔の周りの髪だけが弱ってふにゃふにゃになったり、白髪だらけになっていきます。

前髪はほとんど白髪です。

顔の周辺を染めないと、顔の周辺だけが白いという完全なツートンカラーになりますね。

更には、なんか汚らしいといった印象になってしまいます。

 

こちらが、放置された母ちゃんの前髪です。

黒い髪の白髪は悲惨

黒い髪の白髪は悲惨

汚いですね…更にバサバサです。

市販の白髪染めは、一番黒いカラーの商品でも、真っ黒に染まってくれません。茶色の最も濃い色が染まるといった感じです。

そうすると今度は、塗った部分だけが茶色くなってしまうので、そこだけが浮いてしまいます。

本当に困っていました。

 

「真っ黒く染めるにはヘナが一番良いですよ。髪も傷まずトリートメント効果があります」

美容師さんからのアドバイスです。

貧乏パワーで探しましたよ、少量ずつ購入して色んな商品を試しました。

そして、真っ黒になる+とても経済的なヘナが。

本来これは「根元染め」で、他の色の商品(オレンジ/ライトブラウン)と混ぜて仕上がりの色を調節するといったお品ですが、母ちゃんの場合はこの根元染めをそのまま顔の周囲全体に使用しています。

こちらのヘナ、母ちゃんのような剛毛でも理想的なお色に仕上がります。

顔の周辺だけの使用ですと、1袋で4~5回分は充分にありますから素晴らしく経済的です。

しかも髪も傷めずトリートメント効果も抜群でサラサラになります。

 

ヘナの粉

ヘナの粉

こちら、一般的なお椀です。

顔の周辺を塗るくらいなら、底が隠れるかな程度の量で大丈夫です。

こちらを少量のぬるま湯で溶いて、ぐるぐるとかき混ぜます。冷たい水だとうまく混ざらないので、ぬるま湯推奨です。

ほんの少しづつ徐々にお湯を足していって混ぜた方が「お湯を入れすぎてクリーム状にならない」を回避できます。

こちらの刷毛は、同じショップで購入したものです。馬毛100%の毛染めブラシです。とても丈夫で使い勝手が良いので、一緒に購入した方が便利だと思います。

マヨネーズくらい

マヨネーズくらい

「固いクリーム状」になるまで混ぜます。

これくらいの量でしたら、1分もかき混ぜていれば充分です。

刷毛を持ち上げてみて、垂れ落ちないくらいになりましたら完成です。

これをベタベタ塗っていきます。

塗った後は、サランラップで頭を覆い、シャワーキャップ(100均)をかぶって放置です。気温が低い時期なら45~50分は放置した方がいいかもしれません。

垂れてくることはないので、そのまま家事をしても問題ありません。

 

そして、時間がきたら、シャンプーリンスをして完成です。

ヘナで真っ黒

ヘナで真っ黒

キレイに染まった上に、艶々さらさらになりました。

トリートメント効果も抜群。ご覧下さいこのツヤツヤ具合!!

髪の傷みも補修してくれるので、一石二鳥です。

 

母ちゃんの髪は真っ黒なので、この根元染めをそのまま使用していますが、カラーを調節したい場合は、オレンジorライトブラウンを混ぜて、理想のお色に調節が可能です。

 

自宅で、髪を傷めずに白髪を染めたい場合は、ヘナを試してみては如何でしょうか?!!


にほんブログ村

 - 4.母ちゃんのお買い物お得情報